『働き方改革事例』副業戦士けん太【短期は損機!】

目安時間:約 6分

こんばんは。闘志みなぎる投資家、副業戦士けん太です。

 

毎年 この時期になると やたら金銭を使う事が多くなり、財布の中の気温まで下がっちゃう人も多いと思います。皆さんは 財布の中の寒さ対策って どうされてますか?

 

   
貯蓄や節約、アルバイト(パート)や副業など、普段から色んな対策をされている事かと思いますが、その中に もう1つ取り入れて頂きたいモノに【投資】があります。

 
『貯蓄から投資へ』という フレーズが もはや国策とも言える昨今で 中々 浸透してないのが事実 挙げられてます。

 

 
一言で【投資】といいましても、ギャンブル性の高いモノから 預貯金よりも利回りが良いとされるモノまで様々あり、全てを 一緒くたにしてしまっている事で どうしてもネガティブなイメージが強く根付いてしまっている感じが見受けられます。

 
そこで、今回は『投機』と『投資』の違いについて執筆して 誤解を解いていきましょう(^-^)

 

 

そもそも『投機』や『投資』に馴染みのない人が聞くと 凄く難しい話をしてるイメージを持たれます。

 


これを、あえて【短期投資】【中期投資】【長期投資】と分類して 分かりやすく説明したいと思います。

 

『投機』というのは いわゆる 安く買って 高く売るという1日~1年未満で取引される【短期投資】の事を指します。例えば デイトレードやFX、仮想通貨など 相場の変動を予測してキャピタルゲイン(売却益)を得るモノの事を言います。この手法は 上手くいけば短期間で大きな成果を得られますが、ギャンブル性も高く かなりリスクがあります。短期投資で利益を得る為には 常日頃からチャートと にらめっこして情報収集を怠らない事です。その為、専門的な知識なんかも必要とされますが 運も また必要です(^_^;)

 
初心者が これで副収入を得る事は難しく、私としては あまりオススメできません!・・・とは言いつつも、短期間で売買が行われている事により市場全体の経済が活性している事も事実です。興味があるなら お小遣いでマネーゲームを楽しむ程にしておきましょう。

 

次に『投資』についてですが、中期投資と長期投資がありますが【長期投資】とは 10年以上持ち続ける事で インカムゲイン(配当金.分配金.家賃収入など)を得られる投資を指し【中期投資】とは 短期投資と長期投資の中間だと 思って下さい。

 
長期投資の代表例としては、株式投資や投資信託、不動産投資が挙げられます。これらは デイトレードやFXとは違い、短期間で すぐに利益を出せる訳ではありませんが 時間を味方につけて、目的を明確に持ち 着実に資産形成が行える手法と言えます。長期投資では 現金を金融商品や現物資産に変えておく事で、値動きに左右されにくく インフレ時にも目減りしにくい事が 低いリスクで行える この投資の強みです。

 

 売却時に値上がりしていれば キャピタルゲインも得られますし、また 不労所得というインカムゲインが ある事によりキャッシュフローも安定し、投資初心者でも利益が出しやすいとされています。 長期投資とは言え ノーリスクではありませんので、株式では 損切りの見極め、不動産投資では 立地選びが 凄く重要になりますが どちらも買い付けする時に 銘柄や物件の将来性を見据えて購入する事が大切です。

 

そもそも、株式投資ってギャンブルではなく 応援したい企業に出資する事で 自分が株主になって 企業が その集めた資金を使って利益を生む事で株主として配当金を受け取るシステムですからね。

 

株主投資って社会貢献なんですよ(^o^) 銘柄によっては優待という恩恵もうけれますし、安い時に買い付けて 含み益があれば余裕を持って運用できます。不動産投資も 融資を受ける事でレバレッジを効かせた資産形成が可能です。双方とも 保持する事で得られるインカムゲインという不労所得が あるからこそ時間を掛けて安心した投資ができるんですね。

 

会社で副業を禁止されているサラリーマンの皆様(^-^)/

 
投資で得られる不労所得は 副業には含まれません!

 

あの『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者で知られるロバート・キヨサキ氏は不労所得の事を「お金の為に自分が働くのではなく 自分の為に資産に働いてもらう」と述べておられます。我々、投資家は不労所得の事を 副収入とは呼ばず【財テク】と言ってます。

 

もはや投資は国策です!
国策に逆らわずに 長期の投資で 確実に自分の資産を作っていきましょう。

【著者プロフィール】

副業戦士けん太
三重県在住のサラリーマン投資家で、経済に関心を持った事から趣味で株式投資を始める。
2016年、日銀のマイナス金利政策を機に、本格的に不動産投資に参入。
現在では、東京・神奈川に計5件の区分マンションを保有

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報