『働き方改革事例』副業戦士けん太【身近に潜む節約の概念とは?】

目安時間:約 8分

こんばんは。

 

心頭滅却しても 風は、冷たし!副業戦士けん太です。

暖冬と言いつつも 朝晩は やっぱり 冷え込みますね。

なんだかんだで12月に なりました。

 

 

慌ただしい 師走が到来し、今年も残すところ あと一ヶ月になりましたね。

皆様も 年末に向けて、公私 共に忙しい日々を お過ごしかと思います。

 

12月を 旧暦の呼び方で【師走】(しわす)と言いますが、『師が走り回る程、忙しい月』といった意味で知られていますが 意外と知られてないのが『師』とは 師匠や先生の事ではなく、実は『お坊さん』の事を指してます。

 

 

一説に よれば、昔の風習で 年末が近づくと お坊さんは お経を読む為に あちこちの民家を 走り回ってた事から この呼び方に なったそうですね。

 

 

「そもそも “お経”って 亡くなった人に読むモノでは?」

 

 

と思われがちですが 実は、生きてる人が 幸せになる為に説いた お釈迦様の 有難い お言葉なのです!

それを 御先祖様の前で 自分自身の為に読むモノと言うのが 仏法の教えだそうです。

 

さて、師走の話は ここら辺にしといて 皆様が 年末に向けて 一番 忙しいと思う事って何でしょうか?

 

 

仕事の追い込み・年賀状の 宛名書き・年末の大掃除(片付け)等々、やる事が多過ぎて 何から手を付けるべきか混乱してしまいますよね。

 

 

それって、時間を かなり無駄に使っているから 余計に忙しく感じてしまうんです。

 

そこで 少しでも 無駄を省く為に、年末恒例の大掃除に注目してみましょう(^-^)/

 

まず 基本的には、 普段から ある程度の掃除をしておく事が 大切なのは 言うまでもありません。

 

 

『部屋が片付くと 気分がスッキリする』とか『水回りをキレイにしておくと 金運がよくなる』なんて聞いた事があると思いますが 実際は、それだけの事では ありません。

 

 

もちろん キレイな部屋にする事により、心も清々しく なりますし、 室内にも 良い運気が流れてくるのを感じられます。

 

 

そして 何よりも コマメに掃除する事により【経済的な節約効果】をもたらすと言われてます。

 

 

例えば、エアコンや換気扇のフィルターを掃除する事により 電気代が節約できるだけでなく 経年的に長持ちさせる事が出来ます。

 

 

これは電化製品 全般に言える事で、メンテナンスする事により 長期で考えた場合、大きな出費を防いでくれる事になります。

 

 

また、クローゼットの中や収納棚の 整理整頓をキッチリしていれば、物を探す時に スグ見つける事ができます。

これは 忙しい人には嬉しい『時間の節約』になり、生活をしていく上で 精神的にも 経済的にも余裕を もたらせてくれます。

節約と聞くと

 

『無駄遣いをなくす』

 

『消耗品は最後まで使う』

 

『必要であってもガマンする』

 

 

というイメージが 強いんですが、この 目に見えない節約というのが 身の周りを片付ける事で実行できるのです。

 

 

それが【断捨離】です。

 

断捨離とは、ヨガの 断行:捨行:離行からきており
『断』・・・いらない物を断つ
『捨』・・・いらない物を捨てる
『離』・・・物への執着から離れる

 

という意味があります。これは、単純に物を捨てるだけではなく 自分自身の生活に 本当に必要なモノを見つめ直す事という意味を持つようです。

 

例えば 安い値段に釣られて無駄に買いだめした物や、使わないのに無料で譲ってもらった○○、不必要に増えていったポイントカードやクレジットカード、何年も着てない服など 皆様の周りに ありませんか?

 

 

これは いらない物が大量にあるだけではなく、物を探す時間や 物を置いている場所代を 無駄に消費している事にも なるのです。

 

私も毎年 盆と正月には実家に帰るんですけどね。

30年近く使用してない大きな皿とかが食器棚の奥に ずっと、置いてあるんですよ(^_^;)

 

 

「使わないなら捨てろ!」

 

って言ってるんですけど、親は「いつか使う!」って言って30年が経ちました( ̄□ ̄|||)

 

日本人独特の『勿体ない精神』が道を踏み外したパターンのヤツです。

捨てられないだけなら まだしも、新しく物を増やしていくから困ったモンです(>_<)

今では 何でも簡単に手に入れる事ができてしまう世の中ですが

 

「物質的に豊かである一方で 心が貧しい時代」なんて言われています。

 

 

物に囲まれていないと 寂しさから心が病んでしまったり、心配性からか 必要以上の日用品や消耗品を ストックしたり、『うつ』などの心の病気は断捨離できない人に 多いようです。

 

つまり、断捨離をする事で 時間や心、健康などに余裕が生まれ 私生活における節約を間接的に行っている状態になるのです。

使わない物は、無い物と同じ。

 

今から年末に向けて 少しずつ断捨離を始めてみませんか?何かを得るなら 捨てないと何も入って来ません!

来年から新たに何かを始めたい人は一度、室内も心も スッキリ片付けて 動きやすくなっちゃいましょう。

 

 

物を大切に する事は良い事です。捨てる時は感謝の気持ちを忘れないように心掛けましょう。

 

大晦日(除日)には108の煩悩を捨てる事も お忘れなく(^-^)

 

【著者プロフィール】

副業戦士けん太
三重県在住のサラリーマン投資家で、経済に関心を持った事から趣味で株式投資を始める。
2016年、日銀のマイナス金利政策を機に、本格的に不動産投資に参入。
現在では、東京・神奈川に計5件の区分マンションを保有

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報