『働き方改革事例』副業戦士けん太【大副業時代、到来?】

目安時間:約 8分

お久しぶりです。子供の頃の夢はウルトラマン!副業戦士けん太です。

 

この前、記事を読んでくれている知人から「何故、副業戦士なの?」って質問されたのですが、別に深い意味はありません。

ただ、一昔前まで サラリーマンは『企業戦士』なんて呼ばれていて 私が小学生だった頃には「♪24時間、戦えますか?♪」という歌詞の歌がテレビのCMで流れていましたが、今の時代には合いませんよね?それで 時代のニーズに合わせた副業戦士という名前にしました。

 

 

最近では ニュースなんかでも【ライフ ワークバランス】やら【働き方改革】なんて唱えていますが、実際に上場企業の中で勤務時間を短縮して従業員のプライベートが充実してる企業は 全体の1割程度だそうです。

 

 

その一方で『ライフ ワークバランスや働き方改革を検討している企業』は3割程度と、少しずつでは ありますが、プライベートと仕事に対しての向き合い方が考え直されているのも事実なのです。とは言いましても、我々 サラリーマンは生活の為に毎日 必死に働き、会社に対して【ライフ ワークバランス】や【働き方改革】を提言すると「自分自身の立場が悪くなる」と考えてしまいます。これは典型的な日本人の特徴であり、この考え方を時代に合わせて変えていく必要があると 私は思います。

 

 

一般的には【ライフ ワークバランス】と聞いたら、「プライベートと仕事のバランスを上手にとり、充実した生活を送る」と解釈しているみたいですが、直訳すると『ライフ』って『人生』の事なんですね。だから、世間が言ってるライフ ワークバランスって『自分の人生と仕事のバランスを上手に考えて生きましょうね』って意味なんです。

 

つまり、【働き方改革】というのは『生き方の改革』『人生の改革』をして下さいって事なんです。そんな時代のライフスタイルにあった手段として【副業】と呼ばれるモノがあります。

『副業』と聞くとサラリーマンの方々は「俺の会社、副業禁止!」って口を揃えて言いますが、私は「5時に会社が終わったら コンビニでバイトしろ!」と言っている訳ではありません。

 

もちろん、本業あっての副業になりますので 睡眠時間なんかを削ったアルバイトはオススメできませんし、企業も それを認めません。ここで言う副業とは、企業が暗黙し 自分の空き時間を利用して収入を得られる方法を言います。

 

 

では、副業には どんなモノがあるのでしょうか?例えば、YouTubeに自分の動画を投稿する、小説を書く、CDを出すなど当たれば億万長者になれるモノもありますが 今回は誰でも簡単に行える副業を 幾つか紹介します。

 

~企業サイトの募集しているモニターで小遣い稼ぎ~

これは企業から自宅に送られてくる商品を 実際に試してアンケートに答えて お小遣いを貰うシステム。飲料などの商品もあるが、どちらかと言えばシャンプーや化粧品などの主婦向けのモノが多い。

 

~不要品をネットオークションなどで売る~

要らなくなった雑貨、家具、衣類、玩具などアプリを通して欲しい人に売る。売りたい値段で買手が着いたら、手数料を差し引いた値段が貰える。梱包や配送手続きは 自身で行い、クレーム発生時はアプリ側の企業は関与しない事から 確実に売るには信用度も必要。

 

~写真をサイトに登録する~

自分の撮った風景などの写真を 専用サイトに登録しておくだけ。企業や自治体などのポスターや雑誌の表紙なんかで使用されればマージンが支払われます。登録さえしとけば 後は、放って置いても「知らないうちに 売れていた」って事もあるかも!LINEのスタンプなんかも この類いです。

 

~株・投資信託・FXなど~

デイトレードのような運用ではなく、中期・長期で運用してインカムゲインやキャピタルゲインを得る。株主優待などのお得感もあるが 始めるにあたり、最初に少なからず資金が必要。ある程度、知識を身に付けておかないとリスクがあるが 複利を使って上手に運用する事で着々と資産を増やしていける。

 

~クラウドソーシング~

企業や個人がアプリなどを通して、仕事を個人に対して依頼。イラスト・ロゴ・データ入力・文字起こし・記事執筆など、空いてる時間を利用して自分の得意分野での仕事が可能。キャリアアップや独立に繋がる可能性も高く、昨今 注目されている。サラリーマンのみならず主婦や学生の間でも話題にあがるほど。

 

~不動産投資~

サラリーマンという属性を生かし、資金が無くても 融資を受けて資金ゼロからスタートできる。長期プランでレバレッジを効かせた着実な資産形成が魅力的で、近年では時代に一番あっている事から不動産投資家が増え続けている。プロの不動産会社に管理委託をする事で、忙しいサラリーマンに嬉しい「手放し運用」が可能。

 

まとめ

このように本業以外で副収入を得る手段は まだまだ幾つかございます。
某リサーチ会社の調べでは20代~50代の主婦やサラリーマンで、副業をしている人は まだまだ少なく15%程だそうです。そんな中でも クラウドソーシングの副業だけで月収が20万~30万円も稼ぐ主婦が、約2割いると聞きました(^_^;)在宅ワークで自分の好きな事を記事にするという内容でジャンルも料理・子育て・家庭菜園・ゲーム・ドラマ・映画など「好き」を仕事に稼ぐ時代になってきてます。

 

確かに副業をしている8割以上の人達は生活が潤うほど 稼いでませんが、注目するトコは そこではなく、稼いでいる人間が「2割いる」って事なんです!そして副業する人口も この先、増え続けると思います。国民のほとんどが副業を持つ「一億総副業戦士」になり、大副業時代が到来すると私は思ってます。その時、何もやってない人、やってなかった人が後悔しないように『今から何か やっておく』事が必要なのです。

 

副業の波はやがて来ます。

 

自分自身の人生、生き方は自分自身でプロデュースしていきましょう(^o^)

かつて喜劇王と呼ばれたチャーリー・チャップリンは こんな格言を残してます。

 

『人生は、どんなに辛くても生きるに値する。その為に必要な3つの事は勇気と希望と、いくらかの お金である』

【著者プロフィール】

副業戦士けん太
三重県在住のサラリーマン投資家で、経済に関心を持った事から趣味で株式投資を始める。
2016年、日銀のマイナス金利政策を機に、本格的に不動産投資に参入。
現在では、東京・神奈川に計5件の区分マンションを保有

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報