『働き方改革事例』副業戦士けん太!【不動産投資家思考!】

目安時間:約 5分

働き方改革事例」として、三重県在住でサラリーマン兼投資家の方をご紹介します。

=======================

お元気ですか、副業戦士 けん太です。(^^

 

今回は、私を含めた不動産投資家の人たちが、どのような思考を持って収益物件を所有したのかについて執筆していこうと思います。

 

まず、アラフォー独身男性の私の場合ですが 単純にレバレッジを効かせた資産形成に興味がありました。少額の資金で莫大な資産を得られる事に魅力を感じました。

 

分かりやすく言ってしまえば『お金』ですね。それと、もう一つの理由が『ステータス』です。1人の男性社会人として「高級時計を身につける」「高級外車に乗る」に匹敵するくらいのステータスに正直、憧れました。それがマンションオーナーだった訳です。

 

しかし、私の思考は 私の出会った収益物件を保持するオーナーさん達とは 少し違いました。まぁ、マンションオーナーやアパート経営者と言いましても百人百様ですから 人それぞれ考え方が違って当然なのですが、他の皆さんは自分と違って 自分の将来の事や家族の事、子供の事を考えて不動産投資を始めた人ばかりでした。

 

「金や!ステータスや!」って言ってる自分が恥ずかしくなった事を 今でも覚えています。

 

そんな中で、自分自身の考え方も 少しずつですが変わっていきました。
最近、「人生100年時代」なんて言葉を よく耳にしませんか?ご存知の方も多いと思いますが、日本人の平均寿命って医学の進歩とか健康推進なんかで 年々、伸びていってるんですね。それで少子高齢化社会と言われる現在の30代 40代は100歳まで生きる時代だと言われてるんです。それで

 

「将来の為に 自分で何かやらなきゃいけない!!」

 

・・・って思った人たちが収益用マンションを購入してるんです。不動産投資にはメリットもデメリットもありますが、将来に備えたサラリーマンの資産形成としての 3大メリットを紹介します。

 

①私的年金として
少子高齢化社会で、将来 満足のいく年金の額が貰えない可能性がメチャメチャ高いです。定年までにローンを払い終え、毎月 決まった家賃収入で安定した生活の老後がおくれます。保険会社などの積立年金も良いと思いますが、大企業でも いつ潰れるか分からない時代だからこそ、現物資産の強みがあります。政府や企業に頼ってても あなたの将来は保証してくれません。

 

②節税効果
サラリーマンの給料が上がらない時代、働けば働くだけ 高い税金を納めなくてはいけません。来年の10月には消費税もアップしますが 給料に限っては お値段、据え置き(;_;)その一つの対策として「節税して、手取りを増やす」という内容です。色んな節税の方法が有りますが その中の一つに不動産投資を検討するのは 如何でしょう。

 

③インフラ対策
毎年、少しずつ(約2%)物価が上昇してる現実をご存知でしょうか?この先も多分、上がり続けるでしょう。私は今年で40歳を迎えますが、子供の頃あったCMで、「チ◯ルチョコは 10円です」ってやってましたが 今、10円では買えません。私はタバコをやめましたが タバコの値段は吸ってた当時の2倍以上、少年ジャ◯プも 100円近く高くなってますし、私が自動車免許を取得した頃は レギュラーガソリンが1リットル 100円いかなかったですからね。ただ、注目すべきは そこではなく この20年間、物価は上がり続けているものの 大卒者・高卒者の初任給は変わってないんです。「一人暮らしの新卒者泣かせ」です。これから来るインフラ時代に備えて、価値の目減りしない現物資産を持っておきましょう。

 

サラリーマンである私が、親しみやすく簡潔に説明させて頂きましたが どうでしたか?人生100年時代に備えて 今、出来る事をやっておく。

 

「一生懸命 働いて収入を増やす」という方法もありますが、「自分から行動を起こして、収入源を作る」という手段も悪くないですよ。

 

そんな不動産投資は長期プランではなく、生涯プランと言えるのではないでしょうか。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報