『働き方改革事例』副業戦士けん太!【不動産投資は会社員の味方!!】

目安時間:約 6分

働き方改革事例」として、三重県在住でサラリーマン兼投資家の方をご紹介します。

=======================

こんばんは、副業戦士 けん太です。

 

今後は この肩書きで、より良い情報や自分自身の経験談や考え方などを記事にして皆様の元へ お届けしていますので宜しくお願いします。

 

前回の記事を読んで頂いた方なら ご存知だと思われますが、私は三重県に在住しているサラリーマンです。

 

そんな私が地方で暮らしながら、東京と神奈川に 計5件のワンルームマンションを保有する事ができました。もちろん、私自身で色々な考えがあり、数ある不動産投資の中から区分所有を選んだには 理由があります。

 

ただ、今回は「一棟買い」や「区分所有」などの細かな話ではく、「不動産投資」といった一つの枠について述べていこうと思います。

まず、私の所有している5件のワンルームマンションですが 資産価値にして約一億円になります。

 

いきなり お金の話で「自慢かよ!」なんて思われた方も いらっしゃるかも知れませんが、よくよく考えてみれば 別に私が一億円の現金を持っている訳では ないのです。3件の金融機関から融資を受けて 毎月ローンを返済しています。

 

まぁ、返済とは言いましても毎月、決まった家賃が 私の金融機関の口座に振り込まれますので 実際の所、「自分名義で お金を借りて、他人のお金でローンを払う」と言えば分かりやすいでしょうか?

 

まさに、これこそが「不動産投資」なわけで ございます。

 

「投資」というフレーズを聞くと、株や投資信託、FXなどを真っ先に思い浮かべる方も いると思いますが、不動産投資に限っては、株式やFXと違って最初の資金が必要なく、始める事ができます。

 

そして、家賃収入で得た お金を返済に回して『レバレッジ』を効かせた投資が可能になるのです。

 

「不動産投資」って言葉を聞くと、皆さんは どんなイメージを お持ちですか?「危険だ」「悪い事だ」なんて思ってないですか?

 

全然、違います。不動産投資というのは あなたの将来、そして あなたの大切な家族の将来を考える上での大事な 資産形成だと私は思ってます。

 

まず、副業禁止のサラリーマンの方、不動産投資は副業になりませんので 心配は無用です。勤務先の会社員にバレないか心配してる人もいると思いますが 私自身、何も言われた事はありませんし 仲間内でも聞いた事はありません。

 

仮にバレたとしても「副業」ではなく、「投資」ですからね。

さて、ここから本題に移っていきます。

例えば、あなたが不動産を所有したとしたら 最初に何が頭に浮かびますか?ほとんどの方が「ローン返済後は家賃収入が得られる」と考えるでしょう。それこそが一番の魅力ですから間違いではありません。

 

しかし、不動産投資には まだまだ利用できる点が 幾つかあるので紹介します。

 

・インフレ対策
(物価の上昇と共に、貯金だと お金の価値が目減りする)

 

・節税効果
(ローンを利用し、不動産の年間損益をマイナス計上であれば 所得税が還付され、住民税が安くなる)

 

・私的年金として
(将来、年金が受けとれるのか不安な時代。数ある対策の中の一つとして不動産投資を選ぶ)

 

・生命保険のかわりに
(【団信】を利用する事で、万が一の時 大切な遺族に、毎月 収入が得られる現物資産を残せる)

 

・相続税対策
(大切な家族に資産を残す時、現金ではなく不動産にする事で相続税も安くなり、遺族の負担を減らせる)

 

など、将来が不安と言われる今の時代に サラリーマンが やっておくべき資産形成ではないでしょうか?

 

冒頭で「所有する5件のマンションの資産価値は 約一億円です」と書きました。確かに、純資産ではありませんが この金額って、私が一生懸命 汗水垂らして 朝から晩まで働いても 貯めれない金額なんです。

 

サラリーマンが死に者狂いで働いても 貯まらない金額なんですね。

私は不動産を売る営業マンではありませんが、こんな時代だからこそ社会的信用のあるサラリーマンが融資を受けて 不動産投資をする事をオススメしたいと思います。自分の将来や家族の為にも 勇気を出して一歩 踏み出してみては如何でしょうか?

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報